老夫婦

規則正しい食事

食事

塩分を控える

高血圧とは血液が血管の壁に強い圧力をかけることで、その状態が長く続くと動脈硬化をまねき脳卒中や心臓病のリスクが高まります。ほとんど自覚症状というものがないので、あまり深刻に考えずにやりすごす方もいます。高血圧の判断の基準は診察室で血圧を測定したときに、上の値が140mmHgで下の値が90mmHgより高いときは高血圧とされています。高血圧は本態性のものと腎性や内分泌性の病気から出てくる二次性のものがあります。患者の9割が本態性高血圧で遺伝的なものと塩分の過剰摂取や喫煙、肥満、飲酒などが原因の生活習慣によるものに分かれています。塩分を過剰に摂取すると血液にナトリウムがたまり、濃度を調節しようと血液の量が増加して高血圧となるのです。次に肥満も危険な要素であり、体重が多いと心臓からの血液量が増えて血圧が上がります。そしてストレスや喫煙も血圧が高くなる要因となります。

栄養のバランス

高血圧を食事療法で改善していくには、いくつかの注意点があります。まず塩分を控えるために、漬物や干物などの塩気の多い食品を食べるのは避けてめんつゆやラーメンの汁などを飲むのはやめるようにします。食事療法では味付けは薄味を基本として、調味料に塩分の少ないレモンや酢などを使用します。次に1日に摂取する塩分は、一般的には6グラム以下に抑えるようにします。また肥満体にならないように、食事療法としてお米やパンの取りすぎに注意してフライや天ぷらなどの揚げ物控えるようにします。そして3度の食事を規則正しくとることを心がけ主食のお米に脂身の少ない肉と魚などのタンパク質、ビタミンやミネラルやカリウムや食物繊維を含んだ野菜を食べるようにします。血圧を下げるにはカリウムは効果的で溜まりすぎたナトリウムを体外に排出します。アルコールも控えめにして動物性脂肪も避けて、よりよい食事療法を実行していきます。