老夫婦

静かに忍び寄る病気

医者

塩分の摂取量を減らす

高血圧は命に関わる心臓や脳、肺などの梗塞を引き起こす原因にもなる生活習慣病です。本人に症状がないまま進行していくことが多く、健康診断などで高血圧だと診断されて気づくことは少なくありません。そのため、海外ではサイレントキラーをも呼ばれているものですが、毎日の生活を改善することで症状を未然に防ぐこともできるのです。自分でできる簡単な方法は、塩分の摂取量を減らすことです。減塩用の調味料などが多く販売されていることでもわかるように、塩分は血管の中に水分を取りこむため血液の量が増えて、高血圧を進行させてしまいます。治療としても減塩は指導されるため、高血圧を未然に防ぐために自分でできる一番簡単な方法になります。

カリウムを摂取する

塩分を減らしたり、しっかりとだしを取って風味をきかせたり、塩の代わりにレモン汁などを使うという減塩重視だけの食生活には無理があるという人もいます。特に日本古来の調味料である醤油や味噌には多くの塩分が使われているため、和食をメインにした食事で減塩を過度に行ってしまうと味気なくなってしまいます。このような場合には、カリウムが多く含まれている食べ物を摂取するのが有効です。カリウムは天然の降圧剤とも言われ、身体の中の余分な塩分を体外へ排出して、血管の中に血液が取り込まれることを防ぐ効果があります。カリウムが多く含まれている代表的な食べ物として、バナナ、サトイモ、納豆、ほうれん草、ひじきなどがあります。