お年寄り

静かに忍び寄る病気

医者

サイレントキラーとも呼ばれる高血圧は、知らずに進行してしまい、命に関わる病気に繋がる恐れがあります。日頃の塩分摂取量を減らすことで、高血圧は防げます。減塩を意識した生活を過ごしながら、血圧を下げるのに有効なカリウムの含まれる食品を摂取するのが良いでしょう。

詳細を確認する

宅配食が人気です

和食

安心して食べられます

高血圧な人が、気をつけなくてはならないことはいくつか有るのですが、その中でも食事の管理はとても重要です。高血圧に配慮した、きちんとした栄養のバランスの取れた食事をしていれば、症状を改善することも不可能ではありません。ですが逆に高血圧に悪い食事を続けてしまったら、症状が悪化してしまう場合も有るので注意をする必要が有ります。高血圧に配慮した食事というと、やはり減塩メニューが基本になりますので、外食などは避けておいたほうが無難でしょう。また自分で作ったとしても、味付けを濃くしてしまいがちなので、最近は宅配食を利用する人が増える傾向にあります。宅配食ならしっかりと減塩されたメニューになっていますし、プロが調理していますので薄味でも美味しく食べられます。

塩分量に注意しましょう

宅配食の需要が高まるにつれて宅配食業者も増えていますし、他の分野から参入してくる企業なども増えています。これは利用する側からすれば、選択肢が色々と広がりますし、価格面でも競争によって安くなるので喜ばしいことでしょう。ただし高血圧を改善したり、悪化させないために利用する宅配食ですから、しっかりと自分に有った業者を選ぶ必要が有ります。基本的にはどの業者も、高血圧用のメニューは減塩を基本としていますが、業者ごとによって少しずつ塩分量は異なります。かかりつけの医師から、高血圧を改善するための塩分量の指示があるはずなので、そこを基準にして選ぶことをおすすめします。わずかな塩分量の違いであったとしても、症状を改善するか維持するだけなのかでは、大きな違いとなってしまいます。

規則正しい食事

食事

動脈硬化など危険な病気に発展する高血圧ですが、実は食事によって改善することが可能です。食事療法としては、塩分の多い漬物や干物などを避けて薄味の食事を基本として3度の食事にお米などの主食に魚などのタンパク質、食物繊維やビタミン、カリウムを含んだ野菜をバランスを考えて食べます。

詳細を確認する

食事で治す血圧

ご飯

高血圧は、血圧が高い状態を指します。血圧が高いと血管や心臓に負担を掛けることになり、その結果さまざまな病疾患の原因になります。高血圧を抑える方法としては食事療法がスタンダードなもので、高血圧の原因とされる食塩を控えることで改善することが可能です。

詳細を確認する